応募条件にも意味がある


応募条件には条件によてって色々な意味があります。

資格必須のものや、法律に基づいたもの、応募者を制限する為のものです。

・資格必須のものは

美容師
看護師
歯科医師
医師
薬剤師
宅建
食品衛生責任者
フグ調理免許
など、命に関わる資格、刃物を扱う資格などは資格がないと働けないので、 応募対象になりません。

・法律に基づいたものは

主に深夜勤務などの年齢制限は 労働基準法によって満18歳に満たない者は働いてはいけないと言う 決まりがありますので、18歳未満の方は応募対象になりません。

・応募者を制限するもの

とは、応募者が殺到するのを条件で絞り意図的に応募者を 減らすと言うものです。

面接するのにもとても、時間や経費を費やされるものです。

条件をあまりに広げると企業側の求めている人材ではない人も 来てしまい、時間も経費も余計にかかってしまったりするのを事前に 食い止めるといった意図でされます。

ですが、資格必須のものは資格をとるしか方法はないかもしれませんが、 応募条件に相当する専門知識や実務経験があれば、選考対象としてくれる企業も 多いです。

例えば、「簿記2級」などは資格がなくとも前職での実務経験 がそれに匹敵する内容であれば選考対象にしてくれると言う事です。

条件だけみてあきらめずに、カバーできる要素がないかもう一度 求人情報をよく見返してみましょう。


Menu

◆求人情報の読み取り方
「未経験者歓迎」の意味
「経験者」の程度
「パソコンできる方」の程度
「入社日応相談」の目安
年齢制限の意味するところ
応募条件にも意味がある
給与額の表示方法
勤務地が複数ある場合

Top