「未経験者歓迎」の意味


歓迎と書かれていれば一般的な表現で解釈すれば、 喜んで受け入れると言う風にとれますが求人の場合、それとは 違った意味合いになってきます。

新卒採用で無い限り、企業が求めているのは即戦力です。

にも関わらず、「未経験者歓迎」と言う表現を使うのはあくまでも 多くの応募者を集める為に使われています。

求人情報誌に掲載するのにも経費を使っている訳ですから、 企業側からすれば、「経験者のみ募集」と書くより「未経験者歓迎」と 書いたほうが、応募の幅が広まり一度の募集でより多くの 応募者を獲得できるのです。

応募者側が認識しておかなければならないのは、 「未経験者歓迎」=「経験者優遇」と言う事です。

企業が求めているのは決して、「未経験者歓迎」=「能力の劣る人材」では ないと言う事です。

当然ながら、「未経験者歓迎」と書かれていれば応募者は増え 競争率は上がります。選考での優先度は低くなっているのが一般です。

しかし、企業によってはまれに全く経験がないほうが良いとされる場合もあります。


Menu

◆求人情報の読み取り方
「未経験者歓迎」の意味
「経験者」の程度
「パソコンできる方」の程度
「入社日応相談」も目安
年齢制限の意味するところ
応募条件にも意味がある
給与額の表示方法
勤務地が複数ある場合

Top