育児休業


育児休業とは生まれてから1歳になるまでの1年間、母・父問わず取得 できる休業制度の事を言います。

休業中の賃金の取り扱いは会社によって異なり、無給や減額など の場合がありその場合は、休業給付として雇用保険から 休業前の賃金の25%〜40%が支給されます。

受給手続きは最寄の公共職業安定所(ハローワーク) になります。 その他、取得できるのは同一事業主に引き続き1年以上雇用されている 事、子供が1歳に達した日以後も勤続する事が条件にあります。

この条件を満たしていれば、事業主は申し出た者に対して育児休業 を与える義務があります。


戻る

Top