産前・産後休業


一般的に「産休」と呼ばれているのがこの「産前・産後休業」の事です。

この休暇は労働基準法で定められた休暇で、6週間(多胎妊娠の場合は14週間) 以内に出産予定の場合、また産後8週間まで休暇をとれる制度です。

産前に関しては自己申告により休暇がとれますが、法律では原則的に就業させては ならない事になっています。もし、状態がよく働く事を申し出れば働く事もでき、 その場合は軽易な作業に転換するよう定められています。

産後に関しては8週間を経過しなければ就業できない事が定められており、 申し出た場合には医師の診断で支障無しと認められた場合には産後6週間 より働く事ができます。


戻る

Top