年次有給休暇


一般に有給休暇と呼ばれていますが、正式には「年次有給休暇」といいます。

有給休暇とは労働基準法で定められている制度で、勤続年数や出勤日数に応じて 与えられる休暇の事を言います。

通常の休暇と違うのは休んだ日も出勤時と同じ賃金の支払いを受けることができる 点です。

通常の場合、
6ヶ月以上勤務

出勤が全労働日8割以上

出勤していれば10日の有給休暇が与えられます。

継続勤続年数1年ごとに1日(3年6ヶ月以後は2日)づつの有給休暇が上乗せされ、 最大20日まで貯める事ができます。

有給休暇は、事業の正常な運営を妨げる場合を除き使用者が使用の時期を指定する 事ができます。

しかし、指定できるのは取得してから2年間とされています。

一般に、会社側が有給休暇の取得の制限の為に買い上げをする事は労働基準法に 反しますが、使用者が消化できなかった分に関して、事後なんらかの名目で 金銭を支払う事は認められています。


戻る

Top